余寒お見舞い申し上げます。
いつもお世話になっております。事務局の橋本です。
北日本、北陸地方では大雪が続いていたようです。こちらもお見舞い申し上げます。
鳥取県在住の方から「ようやく大雪が溶けました」とのご連絡をいただきました。
少しずつ春が近づいているようですね。
まだまだ寒いですし、季節の変わり目ですので、皆様ご自愛ください。

さて、久しぶりのご案内になりまして申し訳ありません。
今回は内観クラシック19号をご案内させていただきます。
19号は津軽内観研修所の阿保周子さんに「私にとって内観とは何か」について、ご執筆いただきました。
阿保さんは教員でしたが、今は青森県弘前市内にて、津軽内観研修所を開設されておられます。
今回もお楽しみいただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

n-classic201819

新雑誌「内観Classic」は会員限定のため、一般の方にはプレビューのみになります。
全ての内容を閲覧希望の方は、自己発見の会にご入会いただきますようお願い申し上げます。
入会のご案内はこちら