内観の感動を伝えたい

自己発見の会の歴史

自己発見の会の歴史

1916年  内観の創始者・吉本伊信、奈良県大和郡山市に生まれる。yoshimotoishin640_480

1937年  吉本伊信、身調べ(内観法の前身)普及を開始。

1953年  吉本伊信、故郷の奈良県大和郡山市に内観道場を開設。

1978年  初めての学術団体として日本内観学会発足。

1988年  吉本伊信、永眠。

1990年  自己発見の会発足yasuragi001

1990年  初代会長に吉本清信(吉本伊信の三男)が就任。

1990年  旧機関紙『やすら樹』創刊号が発刊。

1993年  第一回自己発見まつり(埼玉県)開催

1994年  楠正三(昭和薬科大学)が二代目会長に就任。

1996年  長島正博(吉本伊信の弟子)が三代目会長に就任。100yasuragi

1998年  旧雑誌『やすら樹』50号が発刊。

2000年  吉本伊信の妻・吉本キヌ子、永眠。

2006年  旧雑誌『やすら樹』100号が発刊。

2010年  吉本正信(内観センター)が四代目会長に就任。

2011年  旧雑誌『やすら樹』最終号(125号)が発刊。125yasuragi

2015年  旧雑誌『やすら樹』ピッツバーグ大学図書館に寄贈。

2017年  貫井慎也(北陸内観研修所)が五代目会長に就任

2007年  新雑誌『内観Classic』が創刊

お問い合せ・入会お申し込み TEL 06-6323-7267 営業時間 9:00~17:00 休日 土・日・祝日

PAGETOP
Copyright © 自己発見の会 All Rights Reserved.